内観する

Uncategorized

1か月半で体重が6kg増えた。ここ数日は歩くにも足が重く、一昨日はホームで立っているのもつらかった。

さすがにまずい状況だと思い、食事記録を再開した。いつもより控え目だった一昨日の食事でも目標摂取カロリーを600キロカロリーもオーバーしていた。昨日に至っては1000キロカロリーオーバーであった。毎日1万歩以上歩いていても体重が急激に増えるわけだ。数字を突き付けられると少しは自制心が湧くかと思ったが、なかなか難しい。

過食が止められないのは病気が原因なのか。もともと食べるのが好きなので、どこからを病気だから仕方ない状況だと受け入れたらいいのかわからない。ストレスの原因からは離れているはずなのになぜ食べ続けるのか。まだ自分の中で解決できていないからなのだろうか。

仕事に追われすぎていた。日に日に溢れる仕事が増えてきていた。時間がどんどん足りなくなっていた。こんな状況は初めてだった。残業が続いて効率も悪くなっていたと思う。平日に自分の時間が持てないことに苛立ちを感じることもあった。休日も仕事を持ち帰ったり、そうでなくても常に頭の片隅にやらなければいけない仕事のことがあった。そんな毎日に疲れていた。周りの管理職をみても私以上に仕事に時間を費やしている人が多くいた。みんなができているのに自分だけできないのは自分の力不足だから頑張らなければと思っていた。仕事の仕方を改善すべきだとはわかっていたが時間を作れなかった。ちょっとクセのある上司だからと距離を置いていたため、相談もできなかった。

未来がよくなると思えるからこそがんばれると聞いた。そう思える仕事があった一方、時間がかかる現状維持のための仕事もたくさんあって無力感に襲われた。仕組み化することで改善できることもあるかもしれない、という希望がある一方で、それを推進していく気力がまだ湧いてこない。

人事の担当者から連絡があった。会社の産業医からのアドバイスがあったのでそれを伝えたいという趣旨の連絡であった。適応障害なので特定の原因があるはずということで、これまでの経緯やその時の気持ちを話した。人事担当者は否定することなく、復帰を焦らなくてもいいと言ってくれた。とても救われた気持ちになった。メンタル不安定な人と話をするって気を遣って疲れるだろうに…感謝である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました