ガーミン

マラソン

今年はアップルウォッチを買おう。ホノルルマラソンに参加することなんて全く考えていなかったときからそう思っていた。アップルウォッチで自分の体をもう少し理解できるのではと思ったからだった。しかし結局買ったのはガーミンだった。

ガーミンはマラソンシューズと同じ日に購入した。数年前、会社にトライアスロンをする人がいて、その人がガーミンをつけていた。その時に初めてガーミンの存在を知った。今回ホノルルマラソンを走ることにした際、フルマラソン友に時計は何がいいかと尋ねたらガーミン一択だと言われた。ネットでガーミンを調べたら沢山の種類があった。多くの選択肢。何を選べばいいかわからない。フルマラソン友に何を使っているか問い、それを参考に検索。安い買い物ではない。ネット情報だけでは自分の判断が正しいか不安だ。説明がほしい。優待券があったので百貨店に行こうかと思っていたが、そこに行く途中にあるヨドバシカメラに市場調査がてら寄ってみた。

何種類も並んでいた。何がどう違うか、簡単な説明板はあるが自分の理解は推測の域を出ない。店員さんが声をかけてくれた。待っていましたとばかりに質問攻めにした。ガーミンを常に身に着けているというその店員さんはとても詳しく教えてくれた。友からガーミン一択と言われたと伝えた時、立場上そうだと言わなければいけないかと思うが、最近はアメリカから出ているなんとか(忘れた)とかもある、ということを伝えてくれたので、その店員さんに対する信用度がアップした。アップルウォッチは操作性に優れていて、万人が感覚的に操作できるのがいい点だとも教えてくれた。一方購入しようとしているガーミンはランニングに特化しているとのことだった。寿命はバッテリーの消耗具合にもよるが2~3年が目安ということだった。7か月後のホノルルマラソンが終わったあとも走り続けるか。ガーミンかアップルウォッチか。少し迷ったが、ホノルルマラソンに集中するため、結局ガーミンを選択した。

一昨日夜、4.6キロ走ったあと、ガーミンがリカバリータイムを60時間超と伝えてきた。2日後に走ろうと思っていたのに60時間待ったら3日後になってしまう。週3回は走らなければいけないのに。3日後は雨だからやっぱり2日後に走ろう。とその時は思っていた。昨日、今日と1時間の徒歩通勤をした。さらに今日に関しては用事があり会社を午後休して移動したため、15000歩を超えた。結果、ガーミンがリカバリータイムを延長してきた。あと31時間必要だと。

どこまでガーミンを信じていいかわからないが、たしかに足がかなり疲れている感覚がある。ガーミンの言うことを聞いておこう。明日は雨だし接待もあるのでどうせ走れない。土曜日の朝走ろう。しかしガーミンは私が12月にホノルルマラソンに出ることを知らない。知っていれば違う提案をしてくるかもしれない。またはあなたにはフルマラソンは無理でしょうと言ってくるかもしれない。でもフルマラソン友は言った。絶対できる。とにかく走れと。やはり今日走っておくべきだったのか。。。何が正解かわからない。

昨日の記録

体重 50.5㎏、体脂肪率 22.4%

コメント

タイトルとURLをコピーしました